Windows管理者は、クイックアシストがMicrosoftストアに移動することに非常に悩まされています

先月、Microsoftは、 Microsoft Storeに移動することが発表されたため、新しいロゴ(上の画像にあるもの)を備えた新しい更新されたQuickAssistアプリをリリースしました。。移行の期限は本日でした。つまり、Windows10および11ではクイックアシストをネイティブアプリとして使用できなくなりました。

知らない人のために、クイックアシストはマイクロソフト独自のリモートアシスタンスアプリです。Windows管理者は、同社の最新の動きに明らかに悩まされており、発表に対するコメントで彼らの不満を公然と表明している。以下は、Microsoftエンドポイント管理コンサルタントであるTwitterユーザーのMatthiasWaltnielによって提案されたこれらの事項の要約です。

他のWindows管理者のほとんども、発表スレッドで同様の意見を表明しています。そのうちの1人は、代わりに展開可能なグループポリシー(GPO)のようなものを使用する方がはるかに便利であると説明しました。

新しいバージョンでは、 Microsoft Storeからのユーザーごとのインストールが必要なだけでなく、インストールには管理者権限が必要です。痛い!すべてのマシンのすべてのユーザーに新しいバージョンを展開するメカニズムはありますか?単純なGPO展開が推奨されます。たぶんMSIを利用できるようにすることができますか?私は約70台のWindowsPCを管理する1人のIT部門であり、より複雑なソフトウェア展開メカニズムはありません。完全な解決策のように見えたものを置き換えるためのいくつかの簡単な解決策が進行中であることを願っていますが、現在は削除されています。

発表記事を書いたMicrosoftのNathanPfeifferは、コメントの1つに、 QuickAssistのコア機能にはMicrosoftStoreを介した配布が必要であると説明しました。。ただし、ファイファーはフィードバックがマイクロソフトに転送されることを保証しました。

リモートアシスタンスアプリを入手するために、ユーザーにストアアプリのダウンロードを強制することのフラストレーションを理解します。リモートアシスタンスを使用する性質は、一方の当事者が立ち往生していて助けを必要としているため、イライラする可能性があります。現在このセットアップをセットアップする方法には、これを実現するために調整する必要のあるいくつかの基本的な機能があります。ただし、時期によって異なり、5月中旬になると旧バージョンは使用されなくなります。答えてくれてありがとう!受け継がれますのでご安心ください。

これに加えて、QuickAssistのジェネラルソフトウェア開発マネージャーであるKapilThundwalは、ストアを介してQuick Assistを展開すると、セキュリティ更新プログラムのリリースがスピードアップするはずだとも説明しました。

このリンクで公式発表を見ることができます。

経由:BleepingComputer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。