Excelで一意の値をカウントする方法

大きなデータシートは威圧的である可能性があります。そのため、Microsoft Excelには、より効率的に作業するのに役立ついくつかの組み込み機能があります。シートに含まれる一意の値の数を確認する必要がある場合がありますが、それは簡単ではなく、時間がかかりすぎるため、手動で値をカウントする必要はありません。

幸いなことに、Excelにはファイル内の一意の値をカウントするためのいくつかの方法があります。あなたは数分でそれを行うことができ、あなたが探しているものを見つけることができます。すべての詳細を見つけるために読んでください。

Excelで一意の値をカウントする方法

Excelで一意の値の総数を数えるための多くの方法にアクセスできます。バージョンによっては、数式を使用せずにこれを実行できる場合があります。これらは、Excel365およびExcel2021の手順です。

  • Excelファイルを開きます。
  • 空のセルをクリックします。
  • fxタイプの横に「=UNIQUE(XX:XX)」と入力します
  • これで、入力範囲からの一意の値の数が得られます。

上記のコマンドのXXは、関数が一意の値を抽出する他のセルを表します。機能テキストボックスにXXを入力しないでください。最初と最後のセルを入力すると、数字が表示されます。

列内のExcelで一意の値をカウントする方法

特に1つの列のみを処理している場合は、一意の値をカウントする別の方法があります。仕組みは次のとおりです。

  • Excelファイルを開きます。
  • 空のセルをクリックします。
  • この数式をセルに貼り付けます:= SUMPRODUCT(AX:AX、AX:AX)
  • Enterキーを押して、数式を実行します。
  • セルには、ドキュメントに含まれる一意の値の数を示す数値が表示されます。

また、ジョブに別の式を使用することもできます。

  • Excelファイルを開きます。
  • 空のセルをクリックします。
  • この数式をセルに貼り付けます:= SUM(IF(FREQUENCY(IF(LEN(BX:BX)> 0、MATCH(BX:BX、BX:BX、0)、””)、IF(LEN(BX:BX) > 0、MATCH(BX:BX、BX:BX、0)、””))> 0.1))
  • キーボードショートカットのControl+Shift + Enterを押して、数式を実行します。
  • これで、Excelファイルに一意の値の数が表示されます。

上記の数値は単なる例であるため、数式でスキャンするセルを貼り付けて入力してください。

最初の数式は数値でのみ機能します。したがって、テキストを含む一意の値を処理している場合は、2番目のオプションで問題ありません。

長い数式が複雑すぎる場合は、「高度なフィルター」を使用する方法を次に示します。

  • Excelファイルを開きます。
  • 「データ」をクリックします。
  • 「フィルター」セクションの「詳細」に移動します。
  • 「アクション」セクションに表示されるウィンドウで「別の場所にコピー」を選択します。
  • リスト範囲で、右側のアイコンをクリックし、フィルタリングする範囲データを選択します。
  • [コピー先]で、フィルタリングされた一意の値を配置するセルを選択します。
  • 「一意のエントリのみ」チェックボックスをオンにします。
  • 「OK」を選択し、別の空のセルをクリックします。
  • 「=ROWS(XX:XX)」と入力し、Enterキーを押します。
  • 一意の値の数が表示されます。

一意の値の数を確認するには、さまざまな方法があります。Kutoolsを使用することもできます。開始するには、次の手順に従います。

  • KutoolsforExcelをインストールします。
  • MicrosoftExcelを開きます。
  • 分析するデータの範囲を選択します。
  • Kutoolsアイコンをクリックし、「選択」を選択します。
  • 「重複セルと一意セルの選択」を選択します。

パート2

  • このダイアログボックスで、[一意の値のみ]をクリックします。
  • 「すべての行」を選択します。
  • [結果の処理]セクションで2つの色を選択して、オプションを強調表示します。
  • [OK]をクリックします。
  • アラートを閉じます。
  • これで、すべての一意の値が色で強調表示されていることがわかります。

この方法では数が表示されないため、手動でカウントする必要があります。ただし、比較的使いやすいです。

数式を使用してExcelで一意の値をカウントする方法

前のセクションでいくつかの式を使用しましたが、もっと多くの式を使用することをお勧めします。

COUNTIF関数

COUNTIF関数は、数字と単語で機能します。使用方法は次のとおりです。

  • Excelファイルを開きます。
  • カウントするセルを決定します。
  • 空欄に次のように入力します:= SUM(1 / COUNTIF(XX:XX、XX:XX))
  • Ctrl + Shift+Enterを押してプロセスを終了します。

上記の数式と同様に、XXはプレースホルダーセルを表します。実際のセル範囲を手動で入力する必要があります。

実行すると、数式テキストボックスに中括弧が表示されます。これらは配列数式であることを示すためにのみ存在するため、入力しないでください。編集すると消えます。

SUMPRODUCTとCOUNTIF

それらを数えるもう1つの簡単な方法は、SUMPRODUCT式とCOUNTIF式の組み合わせを使用することです。

  • Excelを開き、ファイルを選択します。
  • カウントしたいセルを確認してください。
  • 空のセルにこの数式を入力します:= SUMPRODUCT(1 / COUNTIF(XX:XX、XX:XX))
  • Ctrl + Shift+Enterを押します。

データグループに空のセルがある場合は、この数式を使用することはお勧めしません。これを行うと、「ゼロ除算」エラーが発生します。数式は空のセルに対してゼロを生成し、ゼロによる除算は不可能であるため、エラーが発生します。

空のセルを無視するバリアントは次のようになります。

= SUMPRODUCT(((XX:XX <>””)/ COUNTIF(XX:XX、XX:XX&””)))

このオプションはすべての空のセルを無視し、ファイル内の一意の値を見つけることができます。

SUM、FREQUENCY、MATCH

データテーブルが広範囲にわたる場合、上記の数式は応答を停止します。待つ代わりに、この他の式を使用できます。

= SUM(IF(FREQUENCY(IF(XX:XX <>””、MATCH(XX:XX、XX:XX、0))、ROW(XX:XX)-ROW(firstcell)+1)、1))

「firstcell」は、データを含む最初のセルになります。この数式はFREQUENCY関数を使用し、配列数式です。したがって、数式を実行すると、中括弧がExcelに表示されます。

式はより複雑ですが、非常にうまく機能するので安心してください。

ピボットテーブルで一意の値をカウントする方法

ピボットテーブルは、ユーザーが使用できる強力なツールであるため、MicrosoftExcelに新鮮な空気を吹き込みます。また、ファイルの一意の値とさまざまなカウンターを取得することもできます。

パート1

  • Excelファイルの空のセルをクリックします。
  • 「挿入」に移動します。
  • ピボットテーブルを選択します。
  • ダイアログボックスで、[このデータをデータモデルに追加する]チェックボックスをオンにします。
  • テーブル/範囲に、目的の範囲データを挿入します。
  • Нажмите«ОК»。

Часть2

  • Нажмитенамаленькуюстрелкунасводнойтаблицеиперетащитееевобластиполей。
  • Выберите«Настройкиполязначения»。
  • Прокрутитевнизинайдите«Различныйсчет»。
  • Нажмите«ОК»дляподтверждения。
  • Теперьувасбудутвсеуникальныезначенияиихколичество。

Своднаятаблицанетакпроста、ноонадаетвамдополнительнуюинформацию、например、сколькор Этоможетпомочьнекоторымлюдям、которымнужнобольше、чемпростоуникальныеценности。

パワーピボット

パワーピボット—одинизсамыхмощныхспособовполученияуникальныхзначений。Возможно、вампридетсявключитьего、есливыиспользуетеExcel2010、новдругихверсияхэтойпроблем Воткакначать:

Часть1

  • Нажмитенавкладку«パワーピボット»。
  • Перейдитев«Модельданных»инажмите«Управление»。
  • Откроетсяновоеокно。Нажмите«Домой»。
  • Выберите«Получитьвнешниеданные»。
  • Выберите«Издругихисточников»。
  • Найдитеопцию«ФайлExcel»。
  • Нажмите«Далее»。
  • Переименуйтесоединение(еслихотите)、азатемвыберите«Обзор»。
  • НайдитефайлExcel、которыйвыхотитеимпортировать。
  • Нажмите«Использоватьпервуюстрокувкачествезаголовковстолбцов»иперейдитекследующему

Часть2

  • Завершитеимпортфайлавмодельданныхинажмите«Готово»。
  • Послезавершенияоперацииимпортазакройтемастеримпорта。
  • 情報は、パワーピボットです。
  • Нажмите«Своднаятаблица»ивыберите«Своднаятаблица»。
  • Развернитетаблицувовсплывающемокне。
  • Поместитеуникальныезначениявстроки、ачислоуникальныхзначений—вдругойстолбец。
  • Создайтесводнуютаблицу。

Часть3

  • ПерейдитенавкладкуPowerPivotивыберите«Меры»。
  • Создайтеновуюмеру。
  • «Формула»введите:«=DISTINCTCOUNT»
  • Продолжите、добавивквадратнуюскобкувконцеформулы。Выберите«Уникальноезначение[имя]))
  • Теперьформулабудетвыглядетьпримернотак:= DISTINCTCCOUNT(Имялиста[Имя]))
  • Изменитекатегориюна«Числа»。
  • Поменяйте«Формат»на«Целоечисло»。
  • Выберите«ОК»。
  • Теперьвыможетеувидетьвсеуникальныезначенияиразличныесчетчики。

Какподсчитатьуникальныезначениянаосновенесколькихкритериев

Еслиувасестьнесколькокритериев、всеравноможноузнать、сколькоуникальныхзначенийсущес ВыможетеиспользоватьформулуCOUNTIFдляэтойработы。

  • Найдитекритерии、которыевыхотитепроверить。
  • Нажмитенапустуюячейку。
  • Введите«=COUNTIFS(»ипродолжитесдиапазоном、которыйвыхотитепроверить。
  • Введитетестдлякритериев。
  • Добавьтевторойдиапазон、которыйможетбытьтакимже、какираньше、илиновым。
  • Введитетест。
  • Повторяйтепомеренеобходимости。
  • Вконценажмите«)»инажмитеклавишу入力します。

Вашаформуладолжнавыглядетьпримернотак:

= COUNTIFS(XX:XX、*> *&XX、XX:XX、* <&XX、XX:XX、* <&XX)

Этаформулаудобнаиработаетслюбымколичествомкритериев。Такимобразом、выможетесделатьэтостолько、сколькотребуетработа。

Интересныечисла

Получениеуникальныхзначений、присутствующихвфайлеExcel、недолжнобытьсложнымизаниматьмн Благодарябольшомуколичествурасширенныхфункцийидоступныхформулэкспертыупростилиэтуз Конечно、большиенаборыданныхпотребуютвремени、ноэтовсежеудобнее、чемсчитатьвручную

Увасестьлюбимыйметод?Какиеещеспособывызнаете、которыенеперечисленыздесь?Дайтенамзнатьвкомментарияхниже。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。