マイクロソフトは火曜日の最新のパッチアップデートが認証の問題を引き起こしていることを確認します

Windows 11および10の最新の累積的な更新プログラムは、Microsoftが望んでいたほどスムーズに進まなかったようです。2022年5月の累積的な更新プログラムのインストール後に発生したあらゆる種類の問題とクラッシュの報告に続いて、MicrosoftはWindowsステータスダッシュボードの通知を更新して、Windows10および11で確認された新しいバグの通知を含めました。

Microsoftは、KB5013943(Windows 11ビルド2200.675)およびKB5013942(Windows 10ビルド19043.1706、19042.1706、および19041.1706)が、NPS、RRAS、EAP、PEAPなどのサービスのサーバーまたはクライアント認証の失敗を引き起こすと報告しています。この問題は、ドメインコントローラーが証明書のコンピューターアカウントへのマッピングを処理する方法に関連しています。

確認されたバグは、Windowsクライアントデバイスおよびドメイン制御されていないWindowsサーバーには影響しないことに注意することが重要です。

Microsoftはこの問題を調査しており、将来のリリースで修正するよう取り組んでいます。一方、IT管理者は、Active Directoryのコンピューターアカウントに証明書を手動でマッピングすることでこの問題を回避できます。必要な手順は、証明書マッピングのドキュメントに記載されています。

認証の失敗は消費者向けデバイスには影響しませんが、Windows 11ユーザーは、2022年5月の累積的な更新プログラムをインストールした後に他の問題を報告しています。たとえば、死のブルースクリーン、機能していないイベントビューア、問題。NETアプリケーションなど。