開発者チャネル23H2用にリリースされたWindows11サービスビルド25145.1011(KB5016159)

マイクロソフトは本日、新しいWindows 11ビルド25145.1011(KB5016159)を使用したサービスアップデートを23H2DevChannelのインサイダーにリリースしました。新しいビルドは、会社がメンテナンスパイプラインをテストすることが知られている累積的な更新であるため、新しいものは何もありません。これらのサービスアップデートは、新機能アップデート23H2(Sun Valley 3)に移行する際に、時折予想されます。

完全な発表は言う:

累積アップデート25145.1011(KB5016159)の展開を開始しています。このアップデートには新しいものは何も含まれておらず、開発チャネルとベータチャネルでビルドサービスパイプラインをテストすることを目的としています。

したがって、以前にリリースされたDev ChannelBuild25145で発表されたすべてのバグ修正と改善がそれに移動されました。

興味深いことに、このビルドに新しい変更は加えられていませんが、以前のようなテストビルドを維持すると、一部の機能が損なわれることが知られています。たとえば、Windows 10ビルド21292.1010により、ARMマシンでのx64エミュレーションで問題が発生しました。

公式発表は、MicrosoftのWebサイトにあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。