リーダーシップの共有: 現代のビジネスはどのように運営されているか

リーダーシップの共有: 現代のビジネスはどのように運営されているか
  • シェアード リーダーシップとは、権力と影響力を分かち合い、1 人の責任者を残すことです。
  • リーダーシップを共有することで、組織のパフォーマンスが向上します。
  • 共有リーダーシップは、透明性を保ち、自律性を促進し、他の人のアイデアを受け入れることによって開発されます。
  • この記事は、イノベーションと従業員エンゲージメントを促進する共有リーダーシップ戦略の実装に関心のあるマネージャー向けです。

ビジネス管理は、古い権威主義的なモデルから、よりオープンな方法へと急速に変化しています。情報共有を促進するソーシャル メディアや新しい Web テクノロジは、企業が革新と成長のための新しい方法を模索する中で、これらの変化に影響を与えています。

それをビジネス マネジメント 2.0 と呼んでください。企業は基本的に自分たちで運営します。とにかく、ある程度までは。

「シェアード リーダーシップ」と呼ばれる、より多くの企業が、大小を問わず、仕事を成し遂げるためにこの最新のアプローチを採用しています。リーダーシップを共有することで、新しい従業員や高給のマネージャーに投資することなく、中小企業の成長を助けることができます。リーダーシップの共有について企業が知っておくべきことは次のとおりです。

シェアード・リーダーシップとは?

「ほとんどの企業は、最も賢い企業とは、他の人の仕事を管理する権限を与えられた最も賢い個人を持つ企業であるという前提で組織されています」と、Wiki World のリーダーシップ (Dog Ear Publishing、2010 年 6 月) の著者である Rod Collins は述べています。「デジタル革命は、最も賢い企業がその企業の集合的な知識にすばやくアクセスできるという前提で、まったく異なる管理モデルを生み出しています。」

International Journal of Artificial Intelligence and Agent Technologyに掲載された共同調査研究によると、共有リーダーシップは、「力と影響力を個人の手に集中させるのではなく、一連の個人の間で広く共有すること」と定義できます。支配的な上司の明確な役割。」

知ってますか?リーダーシップの共有は、中小企業の経営者が知っておくべき経営理論の 1 つにすぎません。他の管理理論には、行政管理、官僚的管理、科学的管理が含まれます。

共有リーダーシップ vs. 従来のリーダーシップ

共有リーダーシップは、従来の垂直階層管理スタイルとは異なります。垂直管理スタイルでは、管理職が意思決定の大部分を担当し、下位の役割にある人は意思決定プロセスにほとんど関与しません。

共有リーダーシップとチーム リーダーシップ

多くの人は、チームがあればリーダーシップを共有していると考えています。これはヒエラルキーを分解しますが、本当の意味で共有されたリーダーシップではありません。チーム内には通常、チーム リーダーがいます。チーム リーダーがいない場合でも、共有された力は、会社全体に広く適用されるのではなく、チームのコンテキスト内でのみ関連します。

ただし、チームは、企業文化を構築する際にリーダーシップを共有するのに適した場所になる可能性があります。チームはより小さなコンテナを提供し、リーダーシップ構造内で従業員に経験を与えることができます。アカデミー オブ マネジメント ジャーナルの調査によると、共有リーダーシップがチーム内で機能するためには、チームは、十分に理解された目標と相互支援の強力な雰囲気を備えたまとまりのある環境を既に持っている必要があります。

リーダーシップの共有が重要なのはなぜですか?

Harvard Business Review の記事によると、リーダーシップを共有すると、組織全体のパフォーマンスが向上します。

このモデルは個人のイニシアチブを奨励し、評価するため、共有リーダーシップは会社の運営方法にプラスの影響を与えます。従業員が、言われるのを待つのではなく、自分がしなければならないことが分かっていることを実行できると感じると、生産性と仕事の満足度が向上します。そして従業員が幸せであれば、会社は前向きな環境でよりスムーズに運営されます。

個人が組織に影響を与え、ある程度の力と責任を持っていると感じると、成功への欲求が高まります。目標は彼らにとってより個人的なものになり、人々は自然に、自分が投資したことに対してより熱心に取り組みます。

「共有リーダーシップの最も良い例は、意思決定が複数の個人に分散する場合です」と、カナダのオンタリオにあるウィンザー大学の心理学科の教授である Greg A. Chung-Yan は述べています。

重要なポイント:力を共有することで、従業員の当事者意識が生まれ、生産性と仕事の満足度が向上します。

共有リーダーシップの例

リーダーシップの共有は、ビジネスの世界では比較的新しい概念かもしれませんが、ローマ帝国までさかのぼることができます。ローマ帝国では、個人が集まって上院の仲間と力を共有し、皇帝が持っていた声を国民に与えていました。聞くこと。

リーダーシップの共有は、現代の民主主義国の政府構造にも見られます。国王や権威主義的な指導者などの 1 人がすべての意思決定権を持っているのではなく、大統領や首相が最終的なリーダーシップの役割を担い、政府のさまざまな部門で権力が共有されます。

共有リーダーシップを開発する方法

共有リーダーシップを作成するための 3 つの基本原則があります。

  1. 透明性を促進します。
  2. 安全な環境を提供します。
  3. 自律性をサポートします。

1. 透明性を促進します。

透明性は、従業員の信頼と満足の鍵です。すべての従業員が会社の状況、目標、および視点を認識している場合、関係者全員が同じページにいます。TinyPulse が実施し、Forbes に掲載された調査によると、透明性は従業員の幸福度を決定する要因であり、相関率は 93% でした。

2. 安全な環境を作ります。

安全な環境とは、従業員がインクルージョンの文化の中で自分のアイデアを安心して共有できることを意味します。優れたアイデアは、日常業務を行っている人々から生まれることがよくあります。また、何かが正しく機能していないときに最初に気付くこともよくあります。従業員が自分のアイデアが聞き入れられ、歓迎されていると感じると、チームは彼らの観察から恩恵を受けます。

3. 従業員の自律性をサポートします。

自律性をサポートするということは、従業員が自分の仕事に関していくつかの決定を下す自由が必要であることを意味します。すべての企業が、WL Gore のような、従業員がどの仕事に就くかを選択できるモデルを採用するわけではありません。ただし、ほとんどの企業は、特定の分野でより多くの自律性を与えることで利益を得ることができます。

中小企業の場合、リーダーシップを共有することは、従業員がどのアイデアが優れているかについて議論するのではなく、アイデアがどのように異なるか、どこに合意があるかについて話し合う会議形式を作成するのと同じくらい簡単かもしれません.

Chung-Yan 氏によると、この新しい管理方法は、従業員に物事の責任を負わせ、上司がこの問題に関する従業員の意見を聞くことにオープンであることを確認するのと同じくらい簡単かもしれません。

「それは、複数の人に同等の責任を負わせたり、同じ責任を負わせたりすることと同じではありません」と Chung-Yan 氏は言います。「マネージャーがドアを開け、リスクを冒してアイデアを共有したり、マネージャーに問題を警告したりする人が罰せられないようにすることが重要です。」

重要なポイント:従業員の自律性をサポートすることは、優秀な人材管理戦略であり、ビジネスにとってスキルがあり価値のある人材を維持するのに役立ちます。

共有リーダーシップは機能しますか?

「リーダーシップを共有しているチームは、リーダーシップを共有していないチームよりも、対立が少なく、コンセンサスが多く、信頼が高く、団結力があります」とピーター・ノースハウスは著書「リーダーシップ: 理論と実践」(Sage Publications、2015) で述べています。

共有されたリーダーシップは、組織のメンバーと会社全体に広範な利益をもたらします。これにより、従業員のエンゲージメントと仕事の満足度が向上し、会社はより迅速に変化に適応し、革新的な新しいアイデアを思いつくことができます。

Jeanette Mulvey は、この記事の執筆と報告に貢献しました。ソース インタビューは、この記事の以前のバージョンに対して実施されました。

スマートな休暇ポリシ...

スマートな休暇ポリシ...

中小企業の納税期限延...

中小企業の納税期限延...

顧客アンケートの作成...

顧客アンケートの作成...

従業員の自由が忠誠心...

従業員の自由が忠誠心...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。