開発者とベータインサイダーにリリースされたWindows11メンテナンスビルド22616.100(KB5014650)

本日、マイクロソフトは、新しいWindows 11ビルド22616.100(KB5014650)を使用したサービスアップデートを開発者およびベータチャネルインサイダーにリリースしました。新しいビルドは、会社がメンテナンスパイプラインをテストすることが知られている累積的な更新であるため、新しいものは何もありません。Dev Channelビルドに新機能と今後の機能が含まれているため、Microsoftはサービスアップデートを頻繁にリリースしています。

完全な発表は言う:

累積的な更新ビルド22616.100(KB5014650)の展開を開始しています。このアップデートには新しいものは何も含まれておらず、開発チャネルとベータチャネルでビルドサービスパイプラインをテストすることを目的としています。

したがって、以前にリリースされたDevChannelおよびBetaChannelのビルド22616で発表されたすべてのバグ修正と改善は、それに移動されました。このビルドには、バージョン22H2の準備としてWindows 11の次のフェーズに移行するときに、多くの新機能が含まれています。

興味深いことに、このビルドに新しい変更は加えられていませんが、以前のようなテストビルドを維持すると、一部の機能が損なわれることが知られています。たとえば、Windows 10ビルド21292.1010は、ARMPCでのx64エミュレーションで問題を引き起こしました。

このビルドの元の発表と完全な変更ログは、ここにあります。