Instagramで誰かを制限するとどうなりますか

ソーシャルメディアは私たちに他の人々の生活への素晴らしい洞察を与えることができます。これは友達とコミュニケーションをとるのに便利なツールですが、アクセスするのは簡単に面倒になります。オンライン環境の匿名性を悪用して他の人に嫌がらせをする人もいます。

Instagramでこの種の嫌がらせを経験し、それを抑制する方法を探している場合は、「制限」機能が役立ちます。このツールについて知っておくべきことと、Instagramで誰かを制限するとどうなるかを次に示します。

制限機能とは何ですか?

2019年、Instagramはネットいじめと闘い、より前向きなコミュニティを構築するための「制限」機能を開始しました。ネットいじめは、プラットフォームでよくある問題です。制限機能の使用は、いじめや不要なやり取りに対して使用できるツールの1つにすぎません。

基本的に、この機能を使用して、誰かのアカウントへのアクセスを微妙に制限できます。このツールは、攻撃者が困惑を引き起こそうとする試みを無益にするように設計されています。同時に、問題をさらに悪化させる可能性のある直接の対立を回避することができます。

たとえば、誰かがあなたの各投稿の下に無慈悲なコメントを残した場合、そのユーザーを制限すると、問題が芽生えてくる可能性があります。この制限により、ダイレクトメッセージングスペースが不要な通話やメッセージから保護されます。ただし、制限したユーザーといつでもやり取りできます。

その秘密の性質により、この制限は嫌がらせとの闘い以外の目的に使用することができます。あなたは恥ずかしいコメントであなたにシャワーを浴びるせっかちな信者や親戚に対処するためにそれを使うことができます。

Instagramで誰かを制限するとどうなりますか?

誰かのプロフィールの「制限」ボタンをクリックしたときに期待できる変更は次のとおりです。

  • 彼らのメッセージはあなたのメッセージリクエストに移動されます。

お互いをフォローしているかどうかに関係なく、ユーザーを制限すると、メッセージが「メッセージリクエスト」フォルダにリダイレクトされます。これには、あなたのストーリーに対する彼らの反応も含まれます。プライベートメッセージフォルダの右上隅にリクエストがあります。

[メッセージリクエスト]セクションでは、相手から送信される可能性のある新しいメッセージは通知されません。ただし、必要に応じて、引き続きメッセージを表示できます。表示しても送信者には通知されません。開封確認は、通常どおり、メッセージリクエストで受け入れるまで非表示になります。

制限されている人に返信する場合は、制限を解除する必要があります。

  • あなたの活動状況は彼らから隠されています。

通常、両方の当事者が「アクティブステータス」をオンにすると、対話者がオンラインのときに緑色の点が通知され、その逆も同様です。バブルに加えて、最後にアクティブになった日時も正確に表示されます。これにより不快に感じる場合は、この機能を無効にするだけで、すべてのユーザーからアクティビティステータスを非表示にできます。ただし、その結果、誰のステータスも表示できなくなります。

この機能を引き続き使用し、同時に、不要なユーザーを制限することで、アクティビティを非表示にすることができます。

  • 投稿の下にあるコメントはデフォルトで非表示になっています。

最後に、ユーザーを制限すると、投稿へのコメントも公開されなくなります。彼らは通常どおりコメントすることができますが、特に選択しない限り、コメントは彼らにのみ表示されます。また、コメントは通知されません。

非表示のコメントの下にある[コメントの表示]をクリックすると、コメントを表示できます。「承認」または「削除」をクリックするか、コメントを無視することができます。

不要なコメントを常に処理していて、問題が1人または2人のユーザーだけではない場合は、他の解決策を利用できます。[隠し単語]メニューから不快なコメントを自動的に非表示にするか、不要な単語の独自のリストを作成します。投稿にコメントできるユーザーを選択するか、問題が解決するまで一定期間アクティビティを制限します。

何が変わらないのですか?

すでに述べたように、制限されたユーザーは、より多くのオプションがありますが、メッセージを送信したり、投稿の下にコメントを残したりすることができます。さらに重要なことに、フィード内の新しい投稿、ストーリー、ビデオ、フォローしているアカウントなど、すべてのコンテンツが通常どおり表示されます。彼らはあなたのコンテンツを高く評価し、他のユーザーにも引き続き表示される可能性があります。さらに、通常どおりコンテンツが表示され、操作できるようになります。それらをフォローしている場合、それらを制限しても購読が解除されることはありません。

Instagramで誰かを制限する方法

いくつかのメニューから制限機能にアクセスできます。

ユーザープロファイルから:

  • 制限したい人を見つけます。
  • プロファイルの右上隅にある3つのドットを見つけます。
  • 「制限」を選択し、ポップアップウィンドウで選択を確認します。

コメントから:

  • Androidで長押しするか、Appleで左にスワイプして、不要なコメントを選択します。
  • 上部のメニューで感嘆符のアイコンを探します。
  • 「ブロック(名前)」を選択し、選択を確認します。

メッセージから:

  • 制限したい人との会話を開きます。
  • 上部にあるユーザー名をクリックします。
  • 表示されるメニューの下部に[制限]オプションがあります。選択を確認します。

設定から:

  • 設定を開き、「プライバシー」をクリックします。
  • [制限付きアカウント]メニューを見つけます。
  • 検索すると、ここに任意のアカウントを追加できます。

追加のFAQ

制限を解除できますか?

Да、выможетеснятьограничениесучетнойзаписивлюбоевремя。Вы можете сделать это, открыв профиль пользователя и нажав на три точки, или зайдя в настройки конфиденциальности и удалив их из списка учетных записей с ограниченным доступом. Вытакжеможетеснятьограничениесихзапросасообщения。

Вчемразницамеждублокировкойиограничениемкого-либо?

Блокировкасчитаетсякрайнеймерой、посколькучеловек、котороговызаблокировали、несможетник Крометого、нетруднозаметить、когдавызаблокированы、посколькупрофильпользователя、который Вынесможетеотправлятьимсообщенияилиоставлятькомментарии。Онибудутзнать、чтозаблокированы、чтоможетпривестикнеприятнымситуациям。

Вотличиеотблокировкикого-либо、егоограничениегораздоболееосторожно。Пользователипо-прежнемубудутвидетьвашконтент、иунихсоздастсявпечатление、чтоонипо-п Этогораздоболеенепрямойспособизбегатького-то、невызываяконфликта。

Будетлипользовательзнать、чтояограничилих?

Одно из основных преимуществ использования функции ограничения вместо блокировки кого-либо заключается в том, что это более тонкий способ ограничения взаимодействия. Напервыйвзглядонинезаметят、чтоихограничили。

Однакоеслионибудутнастойчивы、тораноилипозднопоймут、чточто-тонетак。Пользовательможетвойтисдругойучетнойзаписиилипопроситьдругапроверить、отображаетсяли

Могулияучаствоватьвгрупповомчатесограниченнойучетнойзаписью?

Есливыокажетесьвгрупповомчатеспользователем、котороговыограничили、этобудетуказано Затемвыможетерешить、хотителивывыйтиизразговора。

ДержитесвойInstagramвбезопасномместе

Оченьважно、чтобымыконтролировалинашиучетныезаписивсоциальныхсетях、аненаоборот。Ксчастью、всебольшеибольшенастроекпозволяютнамоставатьсявбезопасности。Отличнымпримеромявляетсяопция«ограничить»вInstagram。

Выкогда-нибудьиспользовалиегоилипредпочитаетедругиеинструментыконфиденциальностиплатф Напишитенамвкомментариях!