Windows 11アップデートKB5012643も、「特定のGPU」で古いDirectX9を壊しました。

Microsoftは、最近のWindows 11アップデートKB5012643を発表しました。これは、セーフモードとに関連する既知の問題にすでにリンクされています。NET 3.5では、DirectX 9(Direct3D9)APIで動作するゲームやアプリケーションで問題が発生するようになりました。レドモンドに本拠を置くこの会社は、問題は「特定のGPU」で発生し、特定のベンダーについては言及されておらず、ベンダー固有ではないことを示している可能性が高いと述べています。

このエラーにより、表示レベルD3D9On12に関連するWindowsイベントログエラーも発生します。Microsoftが問題を説明する方法は次のとおりです。

特定のGPUを使用してWindowsデバイスにKB5012643をインストールした後、アプリケーションが予期せず終了したり、Direct3D9を使用している一部のアプリケーションで断続的な問題が発生したりする場合があります。 0xc0000094。

この問題は、Windows 10プラットフォームのバージョン21H2、21H1、20H2(更新KB5011831)にも影響します。

現時点では、既知の問題のロールバック(KIR)を使用して、これらの問題が発生しているシステムの更新プログラムをロールバックすることをお勧めしますKIRは、セキュリティ以外のバグ修正をサポートするWindowsサービスの主要な拡張機能であり、誤った更新をロールバックできるようにします。

決断。この問題は、Known Issue Rollback(KIR)によって解決されました。ソリューションがコンシューマーデバイスおよび管理されていないビジネスデバイスに自動的に配布されるまで、最大24時間かかる場合があることに注意してください。Windowsデバイスを再起動すると、デバイスでのアクセス許可の適用を高速化できます。影響を受ける更新プログラムがインストールされていて、この問題が発生しているエンタープライズ管理デバイスの場合、以下に示す特定のグループポリシーをインストールして構成することで、問題を解決できます。これらのカスタムグループポリシーの展開と構成については、「グループポリシーを使用して既知の問題のロールバックを展開する方法」を参照してください。

グループポリシー名を使用したグループポリシーの読み込み:

Windows11バージョン21H2のダウンロード– GP名:KB5012643220509_20053ロールバックの既知の問題
Windows10バージョン2004、Windows 10バージョン20H2、およびWindows10バージョン21H1のダウンロード– GP名:KB5011831220509_20051ロールバックの既知の問題

出典:Microsoft1、2 _