Microsoft Teams のパブリック プレビューでは、会議のキャプションをカスタマイズする方法が追加されます

Microsoft Teams のパブリック プレビューでは、会議のキャプションをカスタマイズする方法が追加されます

Microsoft は、Microsoft Teams 会議のキャプションの外観を変更する方法を追加しています。新しいカスタム キャプション機能は、Teams のパブリック プレビューで展開されています。

Microsoft のブログ投稿には次のように記載されています。

Teams では、会議でのキャプションの表示をカスタマイズできるようになりました。新しいキャプション設定ペインを導入しました。これにより、フォントの色とサイズをカスタマイズしたり、表示される行数を増やしたり、ミーティング ウィンドウ内のキャプションの位置を変更したりすることができます。最新のキャプションをスクロールする機能も追加されました。

Teams パブリック プレビューを使用している場合は、この機能の使用を開始できます。まず、オンライン会議に参加し、[その他]をクリックし、 [言語と音声]オプションをクリックしてから、 [ライブ キャプションをオンにする] 選択をクリックします。

「画面上でみんなが話している言語は何ですか」というボックスが表示されます。次に、 [音声言語]矢印をクリックし、表示されたリストからキャプションに使用する言語を選択します。それが完了したら、 「選択を確認」をクリックします。

最後に、キャプション ボックス画面の下部にある [設定] 歯車アイコンをクリックし、[キャプション設定]を選択してカスタマイズを開始できます。現時点では、この機能は Windows および Mac クライアント用の Teams のパブリック プレビューのみであり、いつ一般利用可能になるかについては発表されていません。

Microsoft Teams は、 Build 2023開発者カンファレンスのおかげもあり、非常に忙しい一週間を過ごしました。Microsoft は今週、すべての Teams ユーザーを対象に、会議出席者が 3D アバター形式で画面に表示される新しいアバター機能を追加しました。Teams のパブリック プレビュー バージョンには、チャネル会議で投票アプリを実行する方法も追加されているため、会議管理者は参加者とより多くの対話を行うことができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。