Windows 10 May Hotfix(KB5013942)がリリースされました–これが新機能と機能不全です

今日はその月の第2火曜日です。つまり、再びパッチ火曜日になります。そのため、本日、マイクロソフトは、最新バージョン20H2、21H1、および21H2用のWindows 10用の2022年2月の月次セキュリティ更新プログラム(「リリースB」とも呼ばれます)をリリースします。新しいアップデートはKB5013942の番号で配布され、ビルドの数が19042.1706、19043.1706、および19044.1706に増加します。

新しいアップデートの個別のダウンロードリンクは、MicrosoftのWebサイトにあります。こちらのリンクでカタログを更新しています。

このリリースの主なハイライトは、Windows 10のセキュリティ更新プログラムです。いつものように、レドモンドを拠点とする会社は、更新プログラムに既知の問題も記載しています。これは常に便利です。症状と対応する回避策は次のとおりです。

症状 回避策

カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsインストールを備えたデバイスでは、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除される可能性がありますが、新しいMicrosoftEdgeに自動的に置き換えられることはありません。この問題は、2021年3月29日以降のオフラインサービススタック更新(SSU)を最初にインストールせずに、この更新をイメージにストリーミングすることによってカスタムオフラインメディアまたはISOイメージが作成された場合にのみ発生します。

ノート。更新プログラムを受信するためにWindowsUpdateに直接接続するデバイスは影響を受けません。これには、Windows UpdateforBusinessを使用するデバイスが含まれます。Windows Updateに接続するデバイスは、それ以上のアクションを実行せずに、常に最新のSSUと最新の累積的な更新プログラム(LCU)を取得する必要があります。

この問題を回避するには、LCUを挿入する前に、2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージに最初に挿入してください。Windows10バージョン20H2およびWindows10バージョン2004で現在使用されているマージされたSSUおよびLCUパッケージでこれを行うには、マージされたパッケージからSSUを抽出する必要があります。SSUを抽出するには、次の手順に従います。

  1. 次のコマンドラインを使用して、msuからcabを抽出します(例としてKB5000842のパッケージを使用):Windows10.0-KB5000842-x64.msu/f:Windows10.0-KB5000842-x64.cabを展開します

  2. 次のコマンドラインを使用して、以前に抽出したcabファイルからSSUを抽出します。expandWindows10.0-KB5000842-x64.cab / f:*

  3. その後、この例ではSSU-19041.903-x64.cabという名前のSSUキャブが作成されます。最初にこのファイルをオフラインイメージに追加し、次にLCUに追加します。

影響を受けるカスタムメディアを使用してOSをインストールするときにこの問題がすでに発生している場合は、新しいMicrosoftEdgeを直接インストールすることで問題を軽減できます。新しいMicrosoftEdgefor Businessを広く展開する必要がある場合は、「 Microsoft EdgeforBusinessのダウンロードと展開」を参照してください。

2021年6月21日更新(KB5003690)をインストールした後、一部のデバイスは、2021年7月6日更新(KB5004945)以降などの新しい更新をインストールできません。「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」というエラーメッセージが表示されます。 詳細と回避策については、KB5005322を参照してください。

コントロールパネルのバックアップと復元(Windows 7)アプリケーションを使用して作成されたリカバリディスク(CDまたはDVD)は、2022年1月11日にリリースされたWindows Update以降のバージョンのWindowsが影響を受けるバージョンのWindowsにインストールされた後、起動しない場合があります。

この問題は、2022年1月11日より前にWindows Updateがリリースされたデバイスでバックアップと復元(Windows 7)を使用して作成されたリカバリディスクには影響せず、期待どおりに起動するはずです。

ノート。現在、サードパーティのバックアップまたは復元アプリケーションがこの問題の影響を受けることはわかっていません。

私たちは解決策に取り組んでおり、次のリリースでアップデートを提供する予定です。
Snip&Sketchアプリがスクリーンショットを撮ったり、キーボードショートカット(Windowsキー+ Shift + S)で開いたりしない可能性があるという報告を受けています。この問題は、アップデートKB5010342(2022年2月8日)以降のアップデートをインストールした後に発生します。 現在調査中です。詳細がわかり次第お知らせします。

Windows 10の古いバージョンの一部も本日更新を受け取りました。これらの更新は、それぞれのリリースノート(KB)と、MicrosoftUpdateカタログからダウンロードするためのリンクとともに以下にリストされています。

バージョン KB 建てる ダウンロード サポート
1909年

KB5013945

18363.2274

カタログの更新 エンタープライズ、エンタープライズ&エデュケーション、IoTエンタープライズ
1809年

KB5013941

17763.2928

カタログの更新

長期サービスチャネル(LTSC)

1607

KB5013952

14393.5125

カタログの更新
1507

KB5013963

10240.19297

カタログの更新

特に、Windows1020H2とWindows101909は本日メンテナンスを終了します。また、Windows 10ではありませんが、MicrosoftはWindowsServer2022のアップデートをリリースしました。番号はKB5013944です。

発達…