Microsoft は、Windows 11 および 10 でのスタート メニューと UWP アプリの問題を確認しています

Microsoft は、Windows 11 および 10 でのスタート メニューと UWP アプリの問題を確認しています

Microsoft は、最新の Windows バージョンに影響を与える新しい既知の問題に関する詳細を明らかにしました。ソフトウェアの巨人によると、Windows 10 および 11 (20H2 から 22H2 までのバージョン) を実行しているお客様は、[スタート] メニュー、Windows Search、およびさまざまな UWP アプリを開く際に問題が発生する可能性があります。この状況に関する最初の報告は約 1 週間前に出され、現在 Microsoft はこの問題を確認しています。

顧客は、この世界のすべての問題を Windows 更新プログラムのせいにすることがよくありますが、今回の問題は Windows 更新プログラムとは関係ありません。Microsoft は、原因は破損したレジストリ キー、または Barco の ClickShare などの Microsoft Office API を使用するアプリケーションに影響を与えるデータであると述べています。

Microsoft は状況を調査しており、今後の更新プログラムで修正をリリースすることを約束しています。一方、顧客は、Windows、Microsoft Office、Microsoft Outlook、または Microsoft Calendar と統合されたアプリをアンインストールすることで、バグを軽減できます。同社はまた、公式のトラブルシューティング ガイダンスに記載されているようにいくつかのスクリプトを実行するか、アプリ開発者に連絡してアドバイスを求めることを推奨しています。

他のバグといえば、Microsoft は最近、Windows システムの復元ポイントを使用すると、特定のコンピューターでアプリが動作しなくなる可能性があることを確認しました。

UWP アプリ、[スタート] メニュー、または Windows サーチの使用に問題がありますか? コメント欄であなたの経験を共有してください。

Windows 10...

Windows 10...

Windows 11...

Windows 11...

最新の Window...

最新の Window...

テキスト予測、アカウ...

テキスト予測、アカウ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。